引越し必要なし
引越し必要なし
ホーム > 注目 > オリーブオイルの効能と効果と食材

オリーブオイルの効能と効果と食材

オリーブオイルは抗酸化作用があり体に非常に良いと言われています。元来油は体にとって必要なものですが、これを摂取しすぎるとその油が酸化し体内で様々な悪影響を及ぼすため摂りすぎてはいけないと言われています。特にコレステロールの増加や血管への悪影響等は近年非常に叫ばれるものとなっており、そのためオリーブオイルは非常に重宝されるものとなっているのです。 ただし体に良いといってもあくまでもオリーブオイルは油の1種であるため、適量を摂取することが必要です。加えて、様々な食材と組み合わせることで、その効果を発揮することができるほか食材をおいしく食べることができるので非常におすすめの食べ方となっています。この食べ方を知っておくことで、オリーブオイルをより楽しむことができるようにもなるので、ぜひ覚えておきたいものです。 オリーブオイルの抗酸化作用は様々な要因に基づいており、また最近話題となっている生活習慣病にも一定の効果を示すことがわかっています。オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は不飽和脂肪酸とも言われ、体内に吸収されるとさまざまな病気の原因となる体の酸化を防ぐ抗酸化作用を発揮し、これらの病気の発生を抑えると言われているのです。また、酸化しにくいことからこのままの状態で腸に届くため、排便を促す効果もあるとされており、体の新陳代謝を促進する役割も果たしています。 オリーブオイルは野菜と組み合わせると野菜の栄養素を吸収する効果をさらに高める機能があります。野菜にはβカロテンや脂溶性ビタミンA、D、E、Kなどが含まれており、これらの体の老化を防ぎ健康維持するのに非常に役立つと言われていますが、実際にはそのままでは吸収効率が非常に悪くなっており、体外に排出されてしまうことが少なくありません。オリーブオイルを一緒に利用することで、これらの成分の吸収を高めることがわかっているほか、カルシウムの吸収を高めることがわかっているのです。そのため野菜と組み合わせるのが非常に効率が良く栄養価の高い食べ方となっています。